スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本メモ:『人類は衰退しました 平常運転』他
久しぶりすぎて忘れてるので、一気に行きます。


『人類は衰退しました 平常運転』田中ロミオ/小学館(ガガガ文庫)

一応お約束として「リア充爆発しろ」と言っておく。
しかし、「わたしちゃん」と「リア充」という言葉の親和性の低さと言ったらない。
後半、DVD特典の短編が載っていて、やってることは「キノの旅」なのに、ひねくれ具合が「キノ」より高い。
「キノ」も大概ひねくれてると思ってたけど、これはやはり作者の人柄か。


『ビブリア古書堂の事件手帖 6』三上延/KADOKAWA(メディアワークス文庫)

一応お約束として(ry
でもこの二人はずいぶんほのぼのしてるので許します。
今回お母さんは(それほどは)出て来なかったので安心して読めました。
お母さん怖い。


『デュラララ!!SH ×3』成田良悟/KADOKAWA(電撃文庫)

とりあえず、私が1~2巻の話をまったく覚えていないことがよくわかった。
そして、個人的には『バッカーノ!』の続きを早く出して欲しい(2回目)


『トゥルークの海賊 4』茅田砂胡/中央公論新社(C・ノベルスファンタジア)

黒い人無双。
あと、そろそろ登場人物が多すぎて、誰が誰だかわからなくなって来た。


『All You Need Is Kill』桜坂洋/集英社(ジャンプ ジェイ ブックス)

最近書名をよく耳にするので、図書館で借りてきた。
市の図書館になかったから、始めて県内からの借用を頼んだよ(どうでもいい)
内容としてはオーソドックスなループ物、になるんですかね? SF詳しくないから何ともいえないけど。
ラストがもうちょっとどうにかならんかったかなぁ、という印象。


『虐殺器官』伊藤計劃/早川書房

前から著者の名前は知ってたんだけど、今度アニメ化されるってんで借りてみた。
「1984年」(ジョージ・オーウェル)を読んだ時も思ったけど、SFを突き詰めると哲学になるのか? と思った。
本の内容とまったく関係ないが、これを今の自分より若かった人間が書いたと思うと、色々と思うところがある。


『せっかち伯爵と時間どろぼう 5』久米田康治/講談社(少年マガジンKC)

次巻で最終巻だそうです、残念ながら、「残念なことに」とは付けません。
下ネタがなんだかなーだったのと、テンポがなんかねー。
4巻は持ち直したと思ってたんだけどねー。


「季刊 S 第49号」
創刊号から持っているので、もはややめ時が測れない。
スポンサーサイト
本メモ:『進撃の巨人 15』他
久しぶりすぎてなんか抜けてる気がする。

『進撃の巨人 15』諌山創/講談社(少年マガジンKC)

ファンタジーでも、真面目に設定するほどに、人間世界の方がキナ臭くなってくるといういい例だと思う。
まぁそれは置いといて。
エレンの親父がずいぶんと怪しいことになってますが、さて。

ウソ予告。
特にお互いの健闘をたたえ合い、強い友情で結ばれるとかいう結末でもなく、ただひたすらに特に意味のないやりとりを繰り広げ続けていただきたい。
少なくとも私は買う。


『ぼくオタリーマン 1』よしたに/中経出版

この著者の『理系の人々』が好きだったので、図書館に1巻だけあったのを借りてみた。
つぅかあれだよな、この人、非モテだろうが人生楽しそうだからいいじゃんか(非モテかつ人生楽しくない人間の僻み)


『フルメタル・パニック! アナザー 9』大黒尚人・賀東招一/KADOKAWA(富士見ファンタジア文庫)

過去話の短編集。
フルメタ本編の短編集に出てきた吉良が出てきて、本編ファンとしてはけっこう嬉しい。


『ガンパレード・マーチ 2K 未来へ 2』榊涼介/KADOKAWA(電撃文庫)

5121が異常スペックすぎて、つい忘れがちなんだけど、設定上、10代の学兵が大量に巻き込まれてるんだったなぁ、ということを思い返す。
上の『進撃』じゃないけど、幻獣よりもよっぽど人間の方がキナ臭い。


「季刊 パズル通信ニコリ Vol.149」

歴史的遺物を今季も増やす作業。
が、なんか最近母に渡したら非常に真面目に取り組んでいるようで、活用はされている。
本メモ:『無貌伝 最後の物語』他
忘れる前に書くだけ書く。

『無貌伝 最後の物語』望月守宮/講談社(講談社ノベルス)

最終巻。
結局これは相原の物語だったってことでいいんでしょうか。
しかしまぁ、秋津だったり相原だったり顔のない探偵だったりするので、場面が変わるとかなりややこしいですわ。
私が流し読みするせいですが。

このシリーズけっこう好きだったので、ヒトデナシとかの設定を使って短編集など出してくれないかなぁと思います。


『マージナル・オペレーション 02~04』芝村裕吏/芝村裕吏/星海社(星海社FICTIONS)

まず言っておく。
「お前のような元ニートがいるか」
あとジブリールが可愛すぎるので、アラタは八つ裂きの刑。

ところで、この著者の作品で20何人かの子どもたちを率いて戦う成人男性というと、否応なしにガンパレード・マーチの善行を思い出すわけですが、5121の連中、この子どもらみたいに可愛い連中じゃなかったわ。
どうでもいいけど、作中に「善行」という単語があって、きちんと「ぜんこう」とフリガナ振ってあるのにちょっと笑った。
やっぱ「ぜんぎょう」って読みたくなるよな。


『ルート3 2』みなぎ得一/ワニブックス(ガムコミックスプラス)

2巻、販売告知から音沙汰ないなぁ、と思ってたら、発売元変えていつの間にか出てた。なんだそれ。

妖怪が都市伝説を語るとなると、純正の人間からすると「オマエら大して変わらんだろが」という感想になるわけだが(笑)
今まで都市伝説に関わって来なかったので、名前しか知らないのが多いのが悔やまれます。
あと、「足洗邸」の福ちゃんらしき人物が出てくるのはいいんですが、最後に怪人赤マントになってるんだがどうなるんだコレ。
本メモ:『ドリフターズ 4』他
マンガ3連続。

『ドリフターズ 4』平野耕太/少年画報社(YKコミックス)

相変わらずお豊がバカで安心する。
あと、最近妙にサンジェルマン伯づいてるんだけど(せかどろとか)、この人の世間的なメジャー度ってどれくらいなんだろう。


『雨柳堂夢咄 15』波津彬子/朝日新聞出版(Nemuki+コミックス)

蓮がだんだん人外の域に…。
この巻で好きなのは、「酌めども尽きず」の小巻ちゃん。健気でかわいい。


『ジョジョリオン 8』荒木飛呂彦/集英社(ジャンプコミックス)

もう、誰が出てきても怪しく感じます。
あと康穂ちゃんの出番をください。
本メモ:『無貌伝 奪われた顔』他
やる気なく一気に行きます。

『無貌伝 奪われた顔』望月守宮/講談社(講談社ノベルス)

今まで名前しか出て来なかった相原が大活躍。
どこかの巻で書かれてた「三探偵の名前は芸名」というのがここで関係するとはね。
とりあえず私は古村が好きなので、来月の最終巻を楽しみに待ちます。


『天使たちの課外活動 4 アンヌの野兎』茅田砂胡/中央公論新社(C・ノベルスファンタジア)

夜中に読み始めたら、酷い夜食テロを受けた。


『キノの旅 18』時雨沢恵一/KADOKAWA(電撃文庫)

「税金の国」が好き。ここまで割り切られるといっそ清々しい。
あと「キノの旅の国」。いいぞ、もっとやれ。


『デュラララ!!SH ×2』成田良悟/KADOKAWA(電撃文庫)

個人的には『バッカーノ!』の続きを早く出して欲しい。


『フルメタル・パニック!RPGリプレイ フルメタル・パニック! アンダカヴァ 1』小太刀右京・F.E.A.R./KADOKAWA(富士見ドラゴンブック(

フルメタル・パニック!をTRPG化したもののリプレイ。
ルールブックも同時発売だったけど、高かったからやめた。自分プレイヤーじゃないし。
とりあえずひとこと。
「ゆかなさん、あなたホントに声優ですか?(真剣)」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。