スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記
今日もまた、置く場所もないのにマンガとラノベを買いこんできました。ああ、幸せ。

『夏目友人帳』12・緑川ゆき/白泉社
アニメ3期も始まったところの友人帳。まだ見てないが。
この巻で笑ったのが、神のおばばの「来ちゃった☆」ですね(注・☆はない)。
ばーちゃんが夜中に家に来て、お茶目に「来ちゃった」言われても困惑するわ。
それにしても、夏目は人間との距離感を測るのがなれてないおかげで、名取や田沼とのからみは見てるこっちが気恥ずかしいです。ほほえましくて。

『百鬼夜行抄』20・今市子/朝日新聞出版
妖怪物2連発。そう、私は妖怪物(幽霊やら精霊やらも含む)が大好きだ。
今回また開さんが行方不明になってるけど、この人ホントに「見た目は大人(四十路半ば)、頭脳は子ども(二十歳前後)!」だなあ。頑張れ、飯島一族。
ところで、微妙に律×司派の私としては、ラストの「若水取り」にニヤニヤしっぱなしだったですよ、もう!

『まかまか』3・美川べるの・角川書店
三十路リア充嫌悪症の喪男女子高教師マンガ。…根本的な疑問だが、なんでお前教師やってんだ。
ノリは他のみかべる学園物と同じなんだけど、主人公のメンタリティが他人とは思えません。
さあ、共に叫ぼう、

リ ア 充 爆 発 し ろ !!と!

どうでもいいけど、生首まんじゅうネタはゆっくりを知っててやってるんだよね?

あとラノベ3冊。
『STEINS;GATE蝶翼のダイバージェンス:Reverse』三輪清宗/角川スニーカー文庫『ガンパレード・マーチ2K北海道独立4』榊涼介/電撃文庫『あなたが泣くまで踏むのをやめない!』御影瑛路/電撃文庫。
さっさと読もうと思います。
特に御影瑛路。何があって『箱マリ』書かないでこれを書いたのか知りたくてたまらない。

以下オマケ。夏目友人帳のうさんくさい大人(名取)のラクガキ。
>>続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。