スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記
しょぼいの
建築中。

ここ10日間ほど、このブログの本来の目的である「さぽている」の相手しかしてませんでした。
で、何をやっていたかというと、3D酔いと闘いながらPCゲーム、「Minecraft」でしょぼい建造物&トラップタワーをちまちまと作っておりました。
上のは現在建築中の洋風の建物です。
城っぽいのを目指したかったのが、規模の見当がつかずにしょぼしょぼに。
動画サイトで大規模建築アップしてる人達って、確実に廃人レベルだと思う。
ちなみに、1マス分は右下の白いブロック1つ分で、縦50×横60サイズがこのしょぼさ。

そして、今週更新のトウコウスフィア最終回へのトウコウは、もはや諦めました。
けっこう本気で最後まで迷ってたんだけどねー、まぁ今回は私のやっつけの絵なんかより、うまい人がいっぱいトウコウするだろうしー、ってことで。

…ああそうだよ、言い訳だよ! 現在リアルタイムで自分のダメ人間っぷりに凹んでるよ!!

さて、今後はどうしたものか。
描こうと思ってるものやら手を出してみたいものやらはあるんだけど、正味の話、面倒臭いorz
雑記
凡

梵字のお札感は異常。

…って、私の頭が異常だよ、何だよ突然梵字って。
いやまあ、以前から梵字の意味不明さが気になってまして、図書館でふと思い立って本を借りてきてみまして。
で、こんなことに。
いかにも怪しげですが、右列に「いなみ」、左列に「けいと」と書いてある(つもり)だけ。
といっても、理解できたわけではなく、五十音対照表見ながら書いただけです。

それにしても、見慣れない言語の文字は、中二病心を動かされて堪りません。
アルトネリコのヒュムノス文字とか少し覚えたもんな、もう忘れたが。

ついでに本屋に行って勢いで散財。
「無貌伝~綺譚会の惨劇~」望月守宮/講談社ノベルス、「レンタルマギカ 争乱の魔法使いたち~」三田誠/角川スニーカー文庫、「妖怪の理 妖怪の檻」京極夏彦/角川文庫、「妖怪馬鹿」京極夏彦ほか/新潮文庫。
梵字にオカルトに妖怪に…なんかもう、趣味全開。


アルポータル内トウコウスフィアの更新が来ました。
間違いなく終わるんだなーっていう感じです。
あのフリーダムなキャラ崩壊が見れなくなるのは寂しいけど、シリーズ終了&グッズもほぼ出尽くしてるのに稼働してる公式サイトのほうがよっぽどめずらしいから仕方ないのかなと。
今後、新シリーズで公式サイトが稼働されることを祈ります。

そして「終わっちゃうの!?」「今までありがとう!!」のトウコウであふれる中、ひとり空気を読まない私の絵。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。