スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記
以前から、ことあるごとに「かってに改蔵のファンブックの完全版がでないものか」言っていた私ですが、出ましたよ完全版!
といっても、以前の分に追補分がついた「完全版セット」なんですがね。
おかげで、すでに持ってる本家分が2冊になってしまったわけですが、マンガ自体を新書版&新装版の両方持ってる私からすれば、まぁ誤差の範囲ですわ。
裏表紙のコメントが地味に変わってたりするし。

で、追補版。
本家のノリそのまま継続で嬉しかったです。
ファンブックにはありえない文字率の高さと濃さ。
ありがちなファンブックの形式、「キャラクター紹介と、テキトーに名場面とか選んでのっけときゃいいでしょ」的なノリとは正反対。

そして7年の時を経て、作者に本家とまったく同じ質問をしたインタビュー。
以前は「わかりやすいダウナーな人」だったのが、絶望先生以降評価された結果か多少テンションが上がったように見えつつも「薄皮一枚でテンション保ってる危うい人」となったように思えるのは私の気のせいか。
というか、私はそんなに久米田センセイを危うい人とみなしたいのか。

ついでに、ちょっとまえにブルーレイ版の中巻が届いてたので見ました。
中期のネタ中心。
下ネタが激減し、羽美ちゃんの呪い度と地丹の下っ端度のインフレが始まるころ。
キャラデザもきちんと変えてるあたり、シャフトはホントに久米田センセイが好きなんだと思わせる。
どうでもいいが、ラヴ影先生の声がすごいいい声。

以下オマケの羽美ちゃん。ある意味精神的ブラクラ注意。
>>続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。