スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【感動】バグループ回避
パラソル

性懲りもせずアサクリ「レディリバティ」を始め直し、進行不可に戦々恐々としつつ、思い立ったらセーブデータのバックアップをPCに移し移し、ようやくクリアまでこぎつけましたよ!
いやぁもう、近年稀にみる達成感。
ストーリーへの感動もへったくれもない。
終わった瞬間、ゲームが止まらなかった安堵感で満たされました。
あとは、せめてシナリオ内のフルシンクロくらいは目指すかと。トロフィーをフルコンプ出来る腕ではないので。

ゲーム自体に関しては、「携帯機ならこんなもんか?」な感じで。
本編は2とブラザーフッドしかやってないけど、据え置きと比べてしまうと、マップの広さもボリューム感もさすがに物足りないところはある。
あと、メインのマップのニューオリンズ、何か地味。
2のフィレンツェとかBHのローマとか、走り回ってるだけで楽しいからなぁ。

とはいえ、バグとサポートさえどうにかなってたら、もっと評価高かった。
操作の説明が極端に少ない(特に戦闘時の挙動)ってのもあるけど、それ以前の問題だ。
思わせぶりなオカルト設定とか、アブスターゴの思惑と「市民E」のデータとかそういうの大好きだし、ホント残念だ。


さて、スクリーンショットは「プレイ開始後1時間程度の人間にはバグにしか見えない空中レディ」です。

ちょっと説明すると、このゲーム、アサシン・奴隷・レディの3種類の扮装を状況に応じて変えつつゲームを進めるようになってます。
それぞれの特徴は、
アサシン…3次元機動可(壁が登れる)、動きが早い、装備できる武器が多い、衛兵に目を付けられやすい
奴隷…3次元機動可、動き・装備はそこそこ、体力が低い
レディ…衛兵に目を付けられることが少ない、動きは激遅、3次元機動できない
と、おおざっぱにこんなところ。

で、始めたころにネットでこんなスクショを見て、「レディ壁登れないんだから、ムリだろこれ」と思ってたんですが、進めていくうちに「梯子は登れる」「上から下へ落ちることはできる」ことがわかり、思わず自分でもやってみました。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。