スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記
このところのこのブログの惨状から言って、二日連続で書くとは予想できまい。
何より私が予想せんわ。

今日、ちょっとおもしろいことが起こりまして。
この前ネットで本を注文してたのが今日届いたんですが、乱丁してました。
冒頭30数ページが巻末に入ってるという。
自分で買った本が乱丁・落丁って初めてだったから、むしろ感心してしまったよ。
今の印刷技術でも製本しそこなうんだねぇ。

ある意味レアなので、手元に置いておこうかと思ったんだけど、普通に読みにくいので出版社に送り返しました。
せっかくだから写メ取って。

乱丁の例

はい、最終ページが34ページ。そして巻頭が35ページ。
現物はもう手元にないから確認できないけど、300~350ページくらいの本だったか。
届いたときにちょっと見たら、本の途中にカラーページがあって、このシリーズにしては珍しい構成だと思ったら、それ口絵ページだったという。


誰も気にしちゃいないだろうが、昨日書いた「悪魔城」シリーズのアルカードについて補足。
「アルカードが出てるのは4作」的なことを書いたんですが、正確には「悪魔城ドラキュラ ジャッジメント」と「悪魔城ドラキュラ ハーモニー オブ ディスペアー」にも出演している模様。
この二つは特別編みたいなものなので頭から抜けてました。
ちなみに「ジャッジメント」のアルカードは超ストレートの長髪のようです。案の定美形。
「ハーモニー~」の方は、「月下」と変わらないのかな? よくわからん。
なお、「漆黒」でのこの人は、基本デザインは「月下」に近いけどすごく顔色が悪かった。
年々健康的な顔色になっているようでなによりです。

ところで、キャラの画像は「月下」以外は全部google先生の画像検索頼りです。
なにせ「月下」しか持ってないし。
ついでに言うなら、「悪魔城」シリーズって基本的にはバンパイアハンター(特にベルモンド家)の物語であって、シリーズ的にはアルカードはぶっちゃけ脇キャラです。
主役張ってるのは「月下」だけじゃないかと。
とはいえ、代替わりしないで全部同一人物だから、影の主役と言えなくもない…のかもしれない。
スポンサーサイト
御子息による実家破壊終了
最高気温30℃以下の日々万歳。
固形物をマトモに摂取できる日々万歳。

どうせまた暑くなるのは分かっているので、浮かれられるときに浮かれさせといて下さい。
なお、例の「頭を使う別件」は、夏季休業のため延期になりました。
またの機会にご期待下さい。
…私、小学生時分には、夏休みの宿題は7月中にドリル系は全部終わらせるような子どもだったんですが、どこで道を誤ったんだろう。


ゲーム関係。
先日ダウンロードした「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」、途中でどん詰まってたんですが、試しにPSPに落とし直してやり直してみたら(最初はvitaに入れてた)、なんだかすんなり進んでしまい、結局クリアまで辿りついてしまいました。
vitaの操作性能も一因だった模様です。vita、ボタン固いんだよね。

といってもあのゲーム、もともと公式でチート性能の武器&技が多いので、レア武器のドロップを狙う手間を考えなければ、私のようなヘタレゲーマーでもクリア出来るんですよね。
逆に言うと、うまい人は縛りプレイでないと簡単すぎると思われ。
ライフとかハートとかスキルとかアイテムとか必殺技とかタイムアタックとか…TASとか。
私はもちろん無制限プレイでしたがね!
しかも攻略サイトをガン見してね!

で、他のシリーズもやってみたくなったんですが、なんか軒並みプレミアついて高騰してるんですよね。
どこかで「クロニクル」みたいに再発してくれないものか。
最近、コナミはソーシャルゲームに寄ってるらしいから難しいかなぁ。
ちなみに、ヴァーチャルコンソールで落とせるようなのは、出来そうにないから却下。
そして、仕方がないからTAS動画で変態機動を見てニヤニヤする生活。


以下オマケのラクガキアルカード。
ヴァンパイアハンター(新米)
辛うじて生存確認。

暑いですね。
いやむしろ熱いですね。
夏バテのせいでロクに動けません。
毎年毎年、夏は私から最低限文化的な生活を奪います。
日本国憲法第25条、生存権の侵害です。
貧困より、差別より、なによりも夏を真っ先に撲滅すべきだと思います! 私のために!!(錯乱中)

ふう。うわごと呟いたらすっきりした。
現在の私の心の支えは、ビタミンサプリとヴィダーインゼリーとポカリです。
早く来い来い最高気温25℃の生活。


それはともかく、別件で頭使おうと思ったら、神経使うSRPGやるのがかったるくなりまして、「デビサバ2」は5日目が終わったところで止まってます。
で、なんか無性にアクションゲームがやりたくなり、普段TAS動画でさんざん笑わせていただいている「悪魔城ドラキュラ」シリーズに手を付けてみました。
とりあえずPSアーカイブで簡単に手に入る「悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲」をダウンロード。
そして予想どおりド下手なせいで進みません。

ゲームはね、面白いの。私が下手なだけなの。
うん、分かってたから平気。
大丈夫、600円分(アーカイブ価格)は堪能できたから。
まぁ、多分しばらく、ちょっと手を付けて、すぐ死んで、を繰り返すと思います。
モンハン並みに100時間超えるくらいやったら、少しは進むかなぁ(遠い目)

どうでもいい話。
この「月下」、主人公のアルカードは銀髪長髪の青年なんですが、移動時のドット絵で見てると、どうしても「アサクリ」のアサシン装束にしか見えなくて。
特に髪部分がフードにしか見えない。
いや、単に私が刷り込まれちゃってるだけなんですが。

参考↓↓
左:アルカード/右:エツィオのアサシン姿(アサクリ2)
アルカード  エツィオ

…うん、やっぱりどうしてもフードにしか見えない。
健忘症には辛いゲーム
消息不明に陥ることもなく、デビサバ2順調に4日目終了。
大丈夫なのか、私。

さて、健忘症です。
「若年性」と名乗っていいものか迷うお年頃ではありますが、とにかく忘れまくるのです。
悪魔合体の目的を。

毎回毎回、目的の仲魔を作るにあたり、「どの悪魔が必要か」、「どの弱点属性をを潰すのか」、「近接型なのか魔力型なのか」を覚えておくことができません。
1回の合体で済むならまだともかく、2段、3段構えで合体しなきゃならない羽目になるともうカオスです。
よく合体させたあとに「なんか違くね?」と気が付いてやり直します。
…情けねえ。


しかしまぁ、今さらですが『セプテントリオン』て名前に中二病心がときめいて堪りません。
「北斗七星」がそもそもけっこうくすぐる単語だってのに、それをラテン語にして、スキル名も漢語名(例・貪狼星の証)でさ。
個人的に「星」っての自体が中二ポイント高めなせいもあるんだけど。
そういや、「1」のときも、「バベル」を「バ・ベル」に分解した設定からして、「なんだかすごい解釈をしていらっしゃる…」と思ったものです。
正直大好きです、そういうの。

ところで、昔ガンパレード・マーチにハマった人間からすると、『セプテントリオン』が敵と聞くと、
「どちらの世界から世界征服にいらっしゃいました?」
とか、
「お手持ちの聖銃のナンバリングはおいくつですか?」
とか聞きたくなるわけですが、我ながらマニアックすぎる。
(注:どっちもガンパレを包括する世界観の「無明世界観」設定の内容)


以下ラクガキ。
デビサバる。デビサバるとき。デビサバれば
実は、そろそろ消息不明になってなきゃまずいんですが、順調にデビサバり続けて今3日目中盤。
使えるスキルが多くなってきて楽しくなってきました。
というか、「低レベル縛り」とか「スキル最小縛り」とか、なにそれおいしいの?なプレイ方針なので、ムダに戦闘を繰り返し、ムダにプレイ時間が長くなってます。
その割に、腕がへっぽこすぎてよくユニットをいけにえに捧げてますが。
特にジョーさんいけにえ率高し。この人、やたらと打たれ弱くてさ…。

で、そろそろメンツも顔見せくらいは揃ったかな、というところです。
うん、見事なツンデレが揃ってるな、このメンバー。
ケイタにアイリにロナウドに、そんでツンデレ王がヤマトだな。
みんな揃って「お、お前(あ、あんた)のためにやったんじゃないんだからな(ね)!!」とハモっていただきたいものです。
ちなみに、好きなのはマコトさんとジュンゴ。
マコトさんは「自室はぬいぐるみだらけ」とかのギャップ萌えが期待できます(勝手な想像)。
ジュンゴは実際自分の周囲にいたら、ものすごく扱いに困るキャラだと思うんだけど、2次元的にはアリです。
二人とも、スケジュールの都合上イベントを全部見れないのが残念だ。


以下オマケのラクガキ。3日目の方々。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。