スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本メモ:『デュラララ!!×13』他
ラノベ系3冊。

『デュラララ!!×13』成田良悟/アスキー・メディアワークス(電撃文庫)

高校生組編完結。
帝人がヘタレで壊れててダメな感じがけっこう好きだった一方、臨也は最後まで嫌いでした。
そらもう徹底的に。
心底「もう帰ってくんな」と思うんだけど、帰ってくるんだろうな、くそ。

というわけで、ここまでが第1部、引き続き『デュラララ!!SH』が始まるそうです。
順当に考えると「平和島静雄(Shizuo Heiwajima)」の略なんだけど、この作者の場合「こんなミエミエの罠に引っ掛かりおって! この安直な人々が!!」という高笑いが響いてきそうなので、一応判断は保留。
暫定的に「ソースとハム(Sauce & Ham)」とかでどうよ(適当)
作者、悪魔城好きらしいから、「シモンは変態(Simon Belmondo is Hentai)」でもいいよ。
(※シモン・ベルモンド…初代「悪魔城ドラキュラ」の主人公。普通の階段をエスカレーターに替える程度の変態)


『フルメタル・パニック! アナザー 7』大黒尚人・賀東招一/富士見書房(富士見ファンタジア文庫)

もう完全に高校生じゃなくなってる主人公。
そしてキャラの濃いい女集団の影にかすむ主人公(涙)
フルメタ本編に比べると話が地味なんですが、ある程度は現実準拠だから当然といえば当然か。
こういうのも好きだし。

しかしひとつだけ言っておきたい。
「TTの出し惜しみをしすぎだ!」
前巻の最後にちょろっとロニーが出てきたので期待してたんだけど、結局また最後にちょろっとロニーが出てきて終わりましたよ。
引っ張りすぎだ。


『ビブリア古書堂の事件手帖 5 ~栞子さんと繋がりの時~』三上延/アスキー・メディアワークス(メディアワークス文庫)

この本を読んでると、主人公二人がほほえましくて仕方がないです。
いいねぇいいねぇ、青春だねぇ。

しかし自分の読書傾向が偏っているおかげで、このシリーズで取り上げられている本が軒並みわからんという情けない事実。
特に純文学と詩集なんてのは、今後どう転んでも手を出しそうにないジャンルです。
百歩譲って、手を出したとして江戸川乱歩と太宰治くらいまでか。

そして今回も見覚えのある建物の名前が出てくるし。
「あーそこー、そばに図書館ありますよねー、古書業界の人にはあんま関係ないだろうけどー」ていう建物が。
なんつーかもう。
スポンサーサイト
どんな荒行だ
前回以降、延々と「刻印」をやり続け、とりあえずなんとかクリアしました。
ムチャクチャ辛かったです…。
ゲーム上のクリア時間は16時間くらいなんだけど、道中でゲームオーバー食らってセーブポイントまで戻されたり、ボス戦で延々戦い続けて最終盤で負けたり、なんてのをさんざん繰り返してたので、おそらく優に2~3時間は余計にかかってます。もっとかも。

このゲーム、デフォルトの火力がかなり低く、その上与ダメも被ダメも属性にかなり左右されるので、対策考えて装備を整えないと、終盤はザコ敵にすらロクにダメージが入りません。
大技は一応あるけどそれほど回数は使えないし、ボスは火力高くてこっちの体力をゴリゴリ削ってくるし、一瞬テンパって操作ミスったらそのままなし崩しに攻撃食らい続けて簡単に死ぬし。

救いは、ダンジョンから拠点に戻るアイテムが簡単に手に入ることと、金稼ぎも楽なのでクエストさえちゃんとこなしてれば回復アイテムには困らないってところでしょうか。
ラスボス戦なんて、ハイポーションがぶ飲み&厚切りステーキドカ食いでゴリ押ししたようなもん。
それでも操作に手間取ってる間に回復が間に合わなくて、何度となくゲームオーバー画面を拝みました。
最後ほとんど意識モーローな状態でやってたからなぁ。


まぁ、荒行になったのは私がヘタなせいなので、好きな人には「やりごたえがある」という評価になるんじゃないかと思います。
属性値上げたり、装備変えたりで火力を上げることは可能だし、ボスの攻撃パターンを見切ってガチ避けするのもけっこう楽しいんじゃないかと思う。
基本的にほとんどのボスの攻撃は、避けにくいだけで攻撃パターンは分かりやすいから。
クリア特典で、ハードLv1クリアからのレベル制限解除、なんていう廃人仕様のやりこみモードもあるし。

が、とりあえず私は一回クリアしてサウンドモードを解禁したので、しばらくはいいです。
多分、初悪魔城がこれだったら、2匹目あたりのボスでブン投げたと思う。初めてやってこれは無理だ。
シナリオはけっこう好きなんですけどね。
鬱設定で終始暗いけど。
シャノア美人だし、アルバス兄さんいい奴だし、バーロー師匠はバカ弟子アタックだし(おい)


以下オマケのラクガキ。シャノア。
当たらなければどうということはない。
いや、私は当たるんだけどね。

ちょっと予定が変わりまして、時間の余裕ができたので、嬉々としてギャビリンスの続きをやってました。
なんだかんだでオマケダンジョンを片づけて、ラスボスのデス様&伯爵タッグも倒してクリアにこぎつけました。
手持ちの回復全部使い果たしたけど。

最終的にマップ・クエスト・スキル100%で終了。いやぁ、堪能した堪能した。
でもさすがにもう一回最初からやる気にはならないです。スキル上げがかったるいのなんのって。
なお、スキル・アイテム引き継ぎで始めてみたらかなり楽でした。
前にも書いたけどこのゲーム、レベル上げても被ダメはそれほど下がらないし、ついでにHP上昇値も多くはないので、油断すると余裕で死ねます。
要は「レベルを上げてゴリ押し」が通用しない。
逆に言うと、やり方次第でレベルが低くても何とかなります。
実際、1周目でLv60過ぎてようやく到達した地点に、引き継ぎプレイじゃLv45くらいで辿りついてるし。
アクションってホント「当たらなければどうということはない」ということを実感。
まぁ、与ダメが低いとその分戦闘が長引いて、事故の確率が高くなるので、私はやっぱりレベル上げなきゃ厳しいんですが。

さて、クリア特典でリヒター&マリアモードその他もあるので、まだまだ遊べます。
ですがとりあえず次の「奪われた刻印(以下「刻印」)」に移りました。
相変わらずよくゲームオーバー画面を拝んでるんですが、ギャビリンスで死にまくってたら死に慣れました。
ボス戦で3回や4回死んだところで、もはやなんとも思いません。むしろ5回以内で倒せりゃ御の字くらいの感覚。
ギャビリンスの中盤デス様、トータルで何回死んだと思ってんだ…。


以下オマケのラクガキ。
現実逃避まっさかり
このところ、本格的に時間がなかったはずなのに、なぜか『ギャビリンス』を初めから始めてしまったという不具合。
今日でなんとかひと段落ついたものの、すぐ次が始まるという慌ただしさ。
そしてここまでスケジュール詰まってるのは、すべて自業自得。

そんなこんなで『ギャビリンス』、気が付いたら中盤の強ボス以外は回復使わないで倒せるようになってました。
初回は回復アイテムをがぶ飲みするせいでで万年金欠で、悪質転売屋(取得アイテムを無限にゲットできるバグがある)と化してたのに。
で、途中まで進めて、スキルポイント上げとクエスト消化が面倒になったので、元のデータに戻って前に蒸発させられたゲーゴスを倒してました。
地がヘタクソだから、まぁたかが知れてるんだが、ヘタクソなりに地味に上達するもんですね。
フランケン×2とかどう考えても無理ゲーだけどね!(怒)
せっかくだからグレイテスト5を取りたいんだけど。


以下オマケが本題。『ハーモニーオブディスペアー』ラクガキ。
本メモ:『乙嫁語り 6』他
『乙嫁語り 6』森薫/エンターブレイン(ビームコミックス)

アミル(21)職業:乙女
…とか紹介文を書きたくなるくらいの乙女具合。なんなのこのかわいい人。
個人的にはパリヤさんもイチオシなんですが、今巻出番少なめで今後に期待。
あと、ひい婆さんは相変わらずカッコイイです。

後半のドンパチでアミルの兄貴が再登場して、けっこう男を見せた感じ。
が、状況が状況だけにイマイチ再評価する気にはなれず。
「一族の当主に逆らっては生活していけない」という環境なんだろうが、現代日本に暮らす私にはどうも理解できない感覚なのでしょう。

どうでもいいけど、なんか唐突に野郎の裸祭りが開催されてたんだけど、何だったんだアレ。


『雨柳堂夢咄 其の十四』波津彬子/朝日新聞出版(ネムキ+コミックス)

図書館で借りてきた。
なんだかすごくほのぼのした話が多かったように思います。
みっちゃんこと天神様とか、お多福好きのイケメン若宗匠とか。あ、怪異マニアの学者バカの兄ちゃんも好きだ。

あとがきを読んだところ、とりあえず続くようでなによりです。
いや、だから早く釉月と篁の話をだね(ry


『テラフォーマーズ 1』作・貴家悠 画・橘賢一/集英社(ヤングジャンプ・コミックス)

ポ「ジョジョを人に貸したと思ったら、これになって帰って来た 
  な… 何を言っているかわからねーと思うが
  完全に好みを把握されてるってだけだぜ…」

というわけで人から借りた。
「ゴキ○リの擬人化(萌えない)とか誰得なんだ」とか「いくら進化早くても500年でここまで変わんねーよ」とか「一瞬で細胞が変化するとかどっからエネルギー持って来てんだ」とか、ツッこみどころはたくさんあるんですが、そこらへんのシュールさを含めて、このノリけっこう好きです。

…買わないけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。