スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いらっしゃ~い
アクセントは、「いら(↑)っしゃ(↓)~い」です。

新婚さん

そんなわけで、嬉し恥かし新婚さん。
はい、昨日イオンと結婚式を挙げてきました。
これでめでたく妻帯者となりました。おめでとう、私。

……。
いやさぁ、制作側も、女性ユーザーがいないとは思ってないと思うんですよ。
その上で、割り切ってイベント作ってんだろうと思うんですよ。

…でもねぇ。

まぁ、どうかと思うんなら、条件は公開されているわけだし、イベントをスルーすればいいだけなんですが、プレイする側とすれば、立てれるフラグは立てたいし、回収できるフラグは回収したいってのが人情じゃん!?(必死)


さて現在、前幕サボった分をあわせて、あわてて調合アイテムを作成中。
プラグインが「アルノサージュ」で使用できるらしく。
しかし、そうなると、重要アイテムはアーシェスの構成部品かなんかになるんですかね?
「無重力バード」が括りつけられたメカってのも、それはそれでシュールでいいけど。
さすが兵器
Xクロニクル(以下「Xクロ」)、半泣きになりながら3面(裏)と4面(表)に行き、オリジナルゲームを解禁しました(※道中でアイテムとして取得できる。クリアしたとは言ってない)。
ホントもう、マリア様々でした。

このゲーム、主人公プレイヤーはリヒターなんですが、捕まっているマリアを救出するとマリアでプレイできるようになります。
彼女については、オリジナルの「輪廻」のころから畏敬の念を込めて「兵器」と呼びならわされているんですが…。
なんかもう、防御が低いので当たるとかなり痛いものの、それを補って余りある機動力。
使ってみると、攻撃範囲、2段ジャンプ、スライディング、と兵器の名に恥じない大活躍。
ついでに体が小さい分、当たり判定も小さく、攻撃が避けやすい。
彼女のお陰で解禁出来たようなものです。
リヒター、防御固いって言っても、そもそも避けようと思っても避けられないし、わたわたしてる間に死ぬからね、機動力なさすぎて。

なお、「マリア=兵器」というのは「輪廻」初登場時のセリフ「マリア、ヘイキだもん!」によります。
そらアンタ、あれだけ強けりゃ平気どころか兵器と呼ばれますわ。
リヒターも、一族最強に「(笑)」が付きますわ。

さて、オリジナルゲームが解禁されたので、嬉々として「月下」を始めました。
アックスアーマーの斧の3発や4発や5発や6発じゃ、死にたくても死ねない程度の難易度が素晴らしいと思います。
俺TUEEEEEEE!!が出来るのが気分良くて仕方ないよ、マジで。


以下オマケ、Xクロラクガキ。
セクハラ疑惑
シェルノサージュ、「皇帝編第2幕」シナリオを終了させたので、今回のハイライト。

本日のオッサン

ストーリーがシリアスでも、オッサンはいつもどおりのオッサンで安心しました。
しかしこのオッサン、見た目中学生程度のネイに萌えを感じたり、もしや○リ…(以下自粛)
あと、ネイさんの「アマゾネスか」発言も気になります。
あっちにアマゾンがあるのか、結城寧の記憶でも流れ込んでるのか、どっちだ(軽いネタバレ)

シナリオ。
佳境です。
仲間たちを助け出し、カノンとも合流して、恐らく次幕は皇帝が登場する模様。
それに対し、ジルとネロ、リーヴェルトがどう出るか。
まぁ、前にも書いたけど「アルノサージュ」の情報がちょこちょこ出てきてるので、ソレイルが使われることになるのは確定なわけですが。

そして久しぶりの主人公(強調)イオン歌唱。
志方さんの歌はホント安定感があるなぁ。
なお今回、作詞作曲全部志方さんなんですが、この人の架空言語への順応性はすごいと思う。


さて「アルノサージュ」。
この前、限定版コンボ(ゲーム限定版+ボーカルCD×2+サントラ+特典のセット)予約してきました。
限定版には特典でオルゴールが付くんですが、正直「オルゴール要るかなぁ」と思わないでもなかったものの、3,000円の差で後悔するのも嫌で、ひと思いに限定版。
ちなみに、今ガストショップを見に行ったらこのセットは品切れになってたので、やっぱりこっちを予約しといてよかった。

ストーリーも「アルトネリコ」からシュレリアが出てきたりで、徐々に気分も盛り上がって来ましたね。
公式のプロモとかストーリー解説とか見ながらニヤニヤしてます。
が、「積みゲーマー」を名乗って恥じない私が、ちゃんとプレイするのか予断を許しません。むぅ。
強すぎてニューゲーム
刻印、もういちど最初からやるのはゴメンなんですが、どんなものかと思って引き継ぎプレイを始めてみました。

…なんなのこの火力…。

これ、アイテムやスキルだけじゃなく、レベルと属性値も引き継ぐので、1周目プレイで2ケタしかダメージ出せなかった相手に余裕で4ケタとか出ます。
ギャビリンスが「当たらなければどうということはない」だとすれば、こっちは「当たる前に倒せばどうということはない」という感じ。
1周目の苦労はなんだったんだ。


さて、刻印でめでたく2D探索型はひととおりやったので(月輪はクリアしてないけど)、試しに2Dステージクリア型の「Xクロニクル(PSP)」を始めてみました。
Xクロニクル自体は「血の輪廻」のリメイクなんですが、条件を満たすとオリジナルの「血の輪廻」と「月下の夜想曲」がプレイできるようになり、「月下」もマリアモードが追加されてるってことでお得だと思って買ったんですが。

条件のステージまで行けません…。

3面(裏)で「月下」、4面(表)で「輪廻」が解禁出来るんですが、2面(表)クリアで力尽きました。
ジャンプ中の空中制御ができないのも辛いし、ボス前に回復&セーブできないのも辛いし、ていうかもう何もかもが辛いです。
バックステップとスライディングって画期的なシステムだったんだね…。
しかし、これでオリジナルの「輪廻」より難易度下げてるらしい。
どう考えても、私にはオリジナルは無理ってことですか、そうですか。

まぁ、気が向いたらちまちまやりましょう。進まないだろうけど。


以下オマケ。刻印ラクガキ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。