スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本メモ:『The Book』他
『The Book -jojo's bizarre adventure 4th another day-』乙一/集英社

ジョジョの奇妙な冒険4部のノベライズ。ジョジョ好きの同僚さんに貸してもらった。
ちなみにこっちは『ジョジョリオン』を貸している。

感想は、「ああ、乙一の小説だなぁ」といった感じ。
話は面白いんだけど、微妙にキャラのノリが違うというか。
ジョジョってもっと暑苦しいノリなイメージがあるので、乙一の湿度の高い(適切な表現かはわからないが)文体に軽い違和感が。
ただし「乙一の小説」としては面白いです。
現実感の薄いファンタジーホラーというのかなんというのか。ジャンルの分類名なんて知らんけど。

ところどころ、唐突に小ネタを仕込んでくるのも良し(笑)


『百鬼夜行抄 23』今市子/朝日新聞出版(Nemuki+コミックス)

律の友人(ではない気がするが)が出てくる話が多くて、なんかほのぼのしました。
そして開さんはほんと懲りないな。
あと、いなば君が何者なのかが気になる。

今巻、前巻に比べて穏やかに読めたと思ったら、ホッシーこと司の彼氏の星野が出てこなかったからだということに思い至る。
どうも私、ヤツがホントに嫌いらしい。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。