スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雑記
ヒャッハァ、今日はたんまり本を買いこんで来たぜえ!
…って、前回もやったな、これ。

基本的に部屋が狭いので、これ以上モノを増やせません。
何度も頭抱えながら本だのマンガだのを、涙を飲んで処分してはいるものの、もう限界です。
もはや「買わない」しか対処法がないのです。
結果として、厳選された(←いなみ基準)モノの発売日が重なると、必然的にテンションが上がります。

ということで釣果↓
『かってに改蔵<新装版>』14・久米田康治/小学館
新装版も最終巻ということで、あだち充との豪華対談が載ってるが、特別掲載の短編「地上げスマッシュ」のインパクトがでかすぎる。ていうか、絵が強烈過ぎて読めてない。
関係ないけど、ファンブックの『かってに研究しやがれbook』、最終巻分まで含めて改訂版を出してくれないものか。

『神のみぞ知るセカイ』13・若木民喜/小学館
Q.なんで自分はこれを嬉々として読んでいるのか。
A.「いなみ基準」とはそういう類のもんです。

『乙嫁語り』3・森薫/エンターブレイン
アミルさんとカルルクの姉さん女房シリーズがかなり好みだったので、嫁さんが変わるのが残念だったんだが、新しい嫁さんのタラスさんも、奥ゆかしい未亡人ってこれはこれで趣が…いや、変態か私は。
アミルさんたちも脇役ながら再登場するので嬉しいです。
そしてパリヤさんがかわいい。

その他、イラスト雑誌の「S」、謎風景写真雑誌(なんだそれ)「ワンダーJAPAN」、一緒に見つけたムック本「廃村をゆく」。
うふふ、ほくほく(喜)

しかし「S」も相当久米田好きだよね。
何か出るたびに久米田のインタビューが載ってる気がする。追いつめてるのか?
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。