スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中の人などいない!
シェルノサージュ、「皇帝編第1幕」シナリオを終わらせたのでいつもどおりハイライト。

にゅろきんじゃー!

なんという呪われし絵ヅラ…。
何でこう、アルトネリコにしろシェルノサージュにしろ、ビミョーな造形のキャラを登場させるのか、この製作チームは。
(※オボンヌ・ゲロッコ・にゃものぬいぐるみセットを持っている私が言うことではない)
なお、冒頭から展開される「お姉さんの生臭い話」と迷ったんですが、あまりの呪われっぷりにこっちになりました。

シナリオ。
次作「アルノサージュ」がすでに発表されているわけで、あとはどうつながっていくか、というところでしょうか。
しかし地文にしろ天文にしろやってることがエグくて、今回も中盤ほとんどホラーでしたよ。
時節柄、某飲食チェーンの研修シーンを思い浮かべてしまった。
そして、キャス・サーリ・ネロの少女チームが大活躍だった半面、主人公(強調)イオンの影が微妙に薄くて。
サブ主人公格のはずのカノンなんて登場シーンもないという。

今回の歌唱はまさかのキャス。
なんだか可愛い曲で、かつ安定のバックダンサー付き。
はい、後ろでサーリとネロが躍ってました。
…うん、よくわかった。アンタらやっぱりインド人的な国民性なんだね。


さて、7次元通信が年内(というか今日更新分か)で最終回だそうです。
結局一度もトウコウしないで終わってしまった。
「アルノサージュ」のほうでもなんかやると思うんだけど、とりあえずゲームに支障を来たさない範囲でやって欲しいなぁと思う所存です。
私は、以前7次元通信クイズで「毎日回答を送信して、正解だったはずなのに反映されなかった(そんでフォローもなかった)」ってことがあったのを未だに恨みに思っております。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。