スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本メモ:『乙嫁語り 6』他
『乙嫁語り 6』森薫/エンターブレイン(ビームコミックス)

アミル(21)職業:乙女
…とか紹介文を書きたくなるくらいの乙女具合。なんなのこのかわいい人。
個人的にはパリヤさんもイチオシなんですが、今巻出番少なめで今後に期待。
あと、ひい婆さんは相変わらずカッコイイです。

後半のドンパチでアミルの兄貴が再登場して、けっこう男を見せた感じ。
が、状況が状況だけにイマイチ再評価する気にはなれず。
「一族の当主に逆らっては生活していけない」という環境なんだろうが、現代日本に暮らす私にはどうも理解できない感覚なのでしょう。

どうでもいいけど、なんか唐突に野郎の裸祭りが開催されてたんだけど、何だったんだアレ。


『雨柳堂夢咄 其の十四』波津彬子/朝日新聞出版(ネムキ+コミックス)

図書館で借りてきた。
なんだかすごくほのぼのした話が多かったように思います。
みっちゃんこと天神様とか、お多福好きのイケメン若宗匠とか。あ、怪異マニアの学者バカの兄ちゃんも好きだ。

あとがきを読んだところ、とりあえず続くようでなによりです。
いや、だから早く釉月と篁の話をだね(ry


『テラフォーマーズ 1』作・貴家悠 画・橘賢一/集英社(ヤングジャンプ・コミックス)

ポ「ジョジョを人に貸したと思ったら、これになって帰って来た 
  な… 何を言っているかわからねーと思うが
  完全に好みを把握されてるってだけだぜ…」

というわけで人から借りた。
「ゴキ○リの擬人化(萌えない)とか誰得なんだ」とか「いくら進化早くても500年でここまで変わんねーよ」とか「一瞬で細胞が変化するとかどっからエネルギー持って来てんだ」とか、ツッこみどころはたくさんあるんですが、そこらへんのシュールさを含めて、このノリけっこう好きです。

…買わないけど。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。