スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本メモ:『ストレンジ・プラス 14』
『ストレンジ・プラス 14(特装版)』美川べるの/一迅社(ゼロサムコミックス)

私の中で羽井の評価が上がりまくっております。あいつ最強だ。
あと、貴世子がらみのときの恒は、そろそろ地獄を見た方がいいと思うよ。

で、特装版にはアンソロジーが付いてます。
実はそれほどアンソロジーって好きではないんですが、峰倉かずやのは面白かったです。
原作のノリとご本人の特性をよく分かっていらっしゃる。


せっかくなのでアニメの話。

1月から5分枠でアニメが開始されてます。
正直、感想をひとことで言うなら「もったいない」です。

テンポはこんなもんだと思うんですが、いくらノリと勢いで突っ切るギャグアニメだって言っても、いかんせん5分じゃ尺が短すぎる。
かなり原作から端折ってるし、そもそも1話から始めずに、いきなりラスティが出てくる選択もよくわからん。
「キャラ解説はネットでも見てくれ」っていう姿勢はいかがなものか。

たぶんこれ、30分枠で3本ってのが順当なテンポなんじゃないでしょうか。
最近、短時間枠のアニメで地味にヒットしてるのが多いから、ローリスクハイリターンを狙ったんだろうけど…。
原作好きなだけに、返す返すももったいない。
2期決まったらしいけど、次も5分枠なのかなぁ。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。