スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
椅子の椅子たる存在意義
なんかそろそろ、悪魔城カテゴリを独立させたほうがいい気がしてきた。

そんなわけで、今日も今日とて悪魔城。
暁月のユリウスモードをほっといて、そのまま同じく隠しモードの蒼真ハードモードに移行し、ラストダンジョンに到達した時点で「闇の呪印(以下「呪印」)」に浮気しました。
だってハードモード痛いんだもん。被ダメが。

さて呪印。
PS2で3D探索型のレベル制。
レベル制のおかげで前作「キャスルヴァニア」よりは楽だし、カメラ方向も変えられるのはいいんですが、マップが平面なおかげで道中が退屈。
もっと2段ジャンプが駆使できてもよかったんじゃなかろうか。
以前1,300円で買ったということを書いたんですが、正直ちょっと高かったかなぁといったところ。
それでもあえて内訳を書くなら、

ゲーム性(300円)+音楽(300円)+イノセントデビルかわいい(100円)+ラルフ(「悪魔城伝説」主人公)ゲスト参加(100円)+椅子(500円)=1,300円

といったところでしょうか。

…何言ってんだと思うだろ? 紛うことなく、掛け値なしに椅子なんだよ…。

いやね、オマケ要素で「マップ各所に置いてある椅子に座り倒す」という収集要素がありまして。
「何で椅子なんだ」というツッコミはもちろん、とにかく阿呆な椅子が多くてですね。
まだ中盤までしかプレイしてないので、某椅子巡り動画でしか確認してないんですが、薄暗い城内や城壁上に、コーヒーカップ(回る)やらパイプ椅子(タライが落ちる)やら低周波治療椅子(座ると放電)やらが置いてある様は、まことにシュールです。いいぞもっとやれ。
座った椅子をコレクションする「椅子部屋」とかもあるらしいし、どんだけ椅子好きなんだ、ヘクター。

白夜のジュストも、城内にひと部屋確保して、家具運び込んでましたからね。
ホント人の城で好き放題です、ヴァンパイアハンターって連中は。

以下オマケ。(ひどい)ラクガキヘクター。
ブランコ

ロザリーってのは、主人公ヘクターの殺された恋人です。

どうも、前情報が上記椅子巡り動画だったり、しずもん4コマだったり、変なMAD動画だったりしたおかげで、「ヘクター=残念なヘタレ」という印象がどうしても改められません。
設定はシリアスなはずなんだがなぁ。

ちなみに、ブランコも椅子コレクションの中に入ってます。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。