スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本メモ:『キュビズム・ラブ』他
『キュビズム・ラブ 全4巻』松本テマリ・原作:芝村裕吏/エンターブレイン(ビーズログコミックス)

少女マンガです。
ヒロインは箱ですが。

もともとこの原作者の世界設定が好きでして。
が、これについては少女マンガってことで遠ざけてたんですが、ブックオフで1巻立ち読みしたら、なんか面白かったので大人買い。
最初の間はわりと少女マンガ度高いんですが(ヒロイン箱だけど)、終盤になるにつれて怪しい(そして見覚えのある)組織が出てきてむしろ安心しました。
帯見てRSっぽいと思ったヤツがやっぱりRSだったり。
しかしこれ、知らん人間は置いてけぼりなんじゃないのか。


『キュビズム・ラブ ~悩める博士と恋する小箱~』芝村裕吏/エンターブレイン(ビーズログ文庫)

小説版。マンガ版の1巻中盤まで。
2人のうっかりさん具合が激増していて、始終ニヤニヤしっぱなし。
まったく、リア充爆発しろ(ヒロイン箱だけど)。

で、この著者関係の小説ってのは大抵ビミョーに設定がつながってまして、「同一世界設定モノ」に弱い私としては(続く)


『マージナル・オペレーション 1』芝村裕吏/星海社(星海社FICTIONS)

(続き)こういうことになります。
既に4巻までと、もう1シリーズの1巻を購入済み。
このシリーズはそれほど直接つながってるわけではなさそうですが、古本屋で売ってたので確保してきた。

こっちは、上のと打って変わって真面目に戦争やってます。
1巻だけだとまだ何ともって感じなので、余裕ができたら続き読みます。
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。