スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さすが兵器
Xクロニクル(以下「Xクロ」)、半泣きになりながら3面(裏)と4面(表)に行き、オリジナルゲームを解禁しました(※道中でアイテムとして取得できる。クリアしたとは言ってない)。
ホントもう、マリア様々でした。

このゲーム、主人公プレイヤーはリヒターなんですが、捕まっているマリアを救出するとマリアでプレイできるようになります。
彼女については、オリジナルの「輪廻」のころから畏敬の念を込めて「兵器」と呼びならわされているんですが…。
なんかもう、防御が低いので当たるとかなり痛いものの、それを補って余りある機動力。
使ってみると、攻撃範囲、2段ジャンプ、スライディング、と兵器の名に恥じない大活躍。
ついでに体が小さい分、当たり判定も小さく、攻撃が避けやすい。
彼女のお陰で解禁出来たようなものです。
リヒター、防御固いって言っても、そもそも避けようと思っても避けられないし、わたわたしてる間に死ぬからね、機動力なさすぎて。

なお、「マリア=兵器」というのは「輪廻」初登場時のセリフ「マリア、ヘイキだもん!」によります。
そらアンタ、あれだけ強けりゃ平気どころか兵器と呼ばれますわ。
リヒターも、一族最強に「(笑)」が付きますわ。

さて、オリジナルゲームが解禁されたので、嬉々として「月下」を始めました。
アックスアーマーの斧の3発や4発や5発や6発じゃ、死にたくても死ねない程度の難易度が素晴らしいと思います。
俺TUEEEEEEE!!が出来るのが気分良くて仕方ないよ、マジで。


以下オマケ、Xクロラクガキ。
強すぎてニューゲーム
刻印、もういちど最初からやるのはゴメンなんですが、どんなものかと思って引き継ぎプレイを始めてみました。

…なんなのこの火力…。

これ、アイテムやスキルだけじゃなく、レベルと属性値も引き継ぐので、1周目プレイで2ケタしかダメージ出せなかった相手に余裕で4ケタとか出ます。
ギャビリンスが「当たらなければどうということはない」だとすれば、こっちは「当たる前に倒せばどうということはない」という感じ。
1周目の苦労はなんだったんだ。


さて、刻印でめでたく2D探索型はひととおりやったので(月輪はクリアしてないけど)、試しに2Dステージクリア型の「Xクロニクル(PSP)」を始めてみました。
Xクロニクル自体は「血の輪廻」のリメイクなんですが、条件を満たすとオリジナルの「血の輪廻」と「月下の夜想曲」がプレイできるようになり、「月下」もマリアモードが追加されてるってことでお得だと思って買ったんですが。

条件のステージまで行けません…。

3面(裏)で「月下」、4面(表)で「輪廻」が解禁出来るんですが、2面(表)クリアで力尽きました。
ジャンプ中の空中制御ができないのも辛いし、ボス前に回復&セーブできないのも辛いし、ていうかもう何もかもが辛いです。
バックステップとスライディングって画期的なシステムだったんだね…。
しかし、これでオリジナルの「輪廻」より難易度下げてるらしい。
どう考えても、私にはオリジナルは無理ってことですか、そうですか。

まぁ、気が向いたらちまちまやりましょう。進まないだろうけど。


以下オマケ。刻印ラクガキ。
どんな荒行だ
前回以降、延々と「刻印」をやり続け、とりあえずなんとかクリアしました。
ムチャクチャ辛かったです…。
ゲーム上のクリア時間は16時間くらいなんだけど、道中でゲームオーバー食らってセーブポイントまで戻されたり、ボス戦で延々戦い続けて最終盤で負けたり、なんてのをさんざん繰り返してたので、おそらく優に2~3時間は余計にかかってます。もっとかも。

このゲーム、デフォルトの火力がかなり低く、その上与ダメも被ダメも属性にかなり左右されるので、対策考えて装備を整えないと、終盤はザコ敵にすらロクにダメージが入りません。
大技は一応あるけどそれほど回数は使えないし、ボスは火力高くてこっちの体力をゴリゴリ削ってくるし、一瞬テンパって操作ミスったらそのままなし崩しに攻撃食らい続けて簡単に死ぬし。

救いは、ダンジョンから拠点に戻るアイテムが簡単に手に入ることと、金稼ぎも楽なのでクエストさえちゃんとこなしてれば回復アイテムには困らないってところでしょうか。
ラスボス戦なんて、ハイポーションがぶ飲み&厚切りステーキドカ食いでゴリ押ししたようなもん。
それでも操作に手間取ってる間に回復が間に合わなくて、何度となくゲームオーバー画面を拝みました。
最後ほとんど意識モーローな状態でやってたからなぁ。


まぁ、荒行になったのは私がヘタなせいなので、好きな人には「やりごたえがある」という評価になるんじゃないかと思います。
属性値上げたり、装備変えたりで火力を上げることは可能だし、ボスの攻撃パターンを見切ってガチ避けするのもけっこう楽しいんじゃないかと思う。
基本的にほとんどのボスの攻撃は、避けにくいだけで攻撃パターンは分かりやすいから。
クリア特典で、ハードLv1クリアからのレベル制限解除、なんていう廃人仕様のやりこみモードもあるし。

が、とりあえず私は一回クリアしてサウンドモードを解禁したので、しばらくはいいです。
多分、初悪魔城がこれだったら、2匹目あたりのボスでブン投げたと思う。初めてやってこれは無理だ。
シナリオはけっこう好きなんですけどね。
鬱設定で終始暗いけど。
シャノア美人だし、アルバス兄さんいい奴だし、バーロー師匠はバカ弟子アタックだし(おい)


以下オマケのラクガキ。シャノア。
当たらなければどうということはない。
いや、私は当たるんだけどね。

ちょっと予定が変わりまして、時間の余裕ができたので、嬉々としてギャビリンスの続きをやってました。
なんだかんだでオマケダンジョンを片づけて、ラスボスのデス様&伯爵タッグも倒してクリアにこぎつけました。
手持ちの回復全部使い果たしたけど。

最終的にマップ・クエスト・スキル100%で終了。いやぁ、堪能した堪能した。
でもさすがにもう一回最初からやる気にはならないです。スキル上げがかったるいのなんのって。
なお、スキル・アイテム引き継ぎで始めてみたらかなり楽でした。
前にも書いたけどこのゲーム、レベル上げても被ダメはそれほど下がらないし、ついでにHP上昇値も多くはないので、油断すると余裕で死ねます。
要は「レベルを上げてゴリ押し」が通用しない。
逆に言うと、やり方次第でレベルが低くても何とかなります。
実際、1周目でLv60過ぎてようやく到達した地点に、引き継ぎプレイじゃLv45くらいで辿りついてるし。
アクションってホント「当たらなければどうということはない」ということを実感。
まぁ、与ダメが低いとその分戦闘が長引いて、事故の確率が高くなるので、私はやっぱりレベル上げなきゃ厳しいんですが。

さて、クリア特典でリヒター&マリアモードその他もあるので、まだまだ遊べます。
ですがとりあえず次の「奪われた刻印(以下「刻印」)」に移りました。
相変わらずよくゲームオーバー画面を拝んでるんですが、ギャビリンスで死にまくってたら死に慣れました。
ボス戦で3回や4回死んだところで、もはやなんとも思いません。むしろ5回以内で倒せりゃ御の字くらいの感覚。
ギャビリンスの中盤デス様、トータルで何回死んだと思ってんだ…。


以下オマケのラクガキ。
現実逃避まっさかり
このところ、本格的に時間がなかったはずなのに、なぜか『ギャビリンス』を初めから始めてしまったという不具合。
今日でなんとかひと段落ついたものの、すぐ次が始まるという慌ただしさ。
そしてここまでスケジュール詰まってるのは、すべて自業自得。

そんなこんなで『ギャビリンス』、気が付いたら中盤の強ボス以外は回復使わないで倒せるようになってました。
初回は回復アイテムをがぶ飲みするせいでで万年金欠で、悪質転売屋(取得アイテムを無限にゲットできるバグがある)と化してたのに。
で、途中まで進めて、スキルポイント上げとクエスト消化が面倒になったので、元のデータに戻って前に蒸発させられたゲーゴスを倒してました。
地がヘタクソだから、まぁたかが知れてるんだが、ヘタクソなりに地味に上達するもんですね。
フランケン×2とかどう考えても無理ゲーだけどね!(怒)
せっかくだからグレイテスト5を取りたいんだけど。


以下オマケが本題。『ハーモニーオブディスペアー』ラクガキ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。